コンテンツへスキップ

経営者の”見えない力”:言葉より強い、行動で示すリーダーシップ

もの語り

こんにちは。日々の経営に奮闘されていることと思います。今日は、皆さんの中に秘められた「見えない力」について考えてみましょう。この見えない力こそが、組織を変える最も強力な武器なのです。
今日は物語風で書いています。最後まで読んでいただければ幸いです。

はじめに:ある経営者の苦悩

中小企業I社の社長、N氏は創業から10年、従業員50名を抱える製造業を営んでいました。一見すると、日々の業務は問題なく回っているように見えました。しかし、N氏は最近、ある悩みを抱えていました。

「どうして私の思いが社員に十分伝わらないんだろう」「もっと会社をよくしたいのに、みんなの協力が得られていない気がする」

確かに、社員たちは毎日の掃除や朝礼をこなしていました。しかし、N氏の目には、それらが形骸化しているように映りました。掃除は表面的なものに留まり、朝礼での挨拶も元気がありません。

最近では、品質に関するクレームが少しずつ増えてきました。売上も伸び悩み、離職率もじわじわと上昇傾向にありました。

N氏は幾度となく注意を促しましたが、状況は一向に改善しません。そんな中、ある日、N氏は重要な気づきを得ることになります。その気づきが、I社を少しずつ、しかし確実に変えていくのです。

本記事では、以下の点を一緒に探求していきます:

  • N氏の思いが社員に十分伝わらなかった理由
  • N氏が発見した「見えない力」の正体
  • その力を活かして組織を変える方法

1. 行動で語る:最強の教育モデル

ある月曜日の朝、N氏はいつもより30分早く出社しました。普段なら誰もいないはずのオフィスで、彼は黙々と掃除を始めたのです。しかし、ただ掃除をするのではありません。普段は見過ごされがちな細かい箇所、例えば机の裏側や棚の隙間にまで丁寧に取り組みました。

小さな行動が波紋を広げる

最初に出社してきた営業部長のM氏は、普段と違う光景に驚きました。

「おはようございます、社長。今日は早いですね」

N氏は穏やかな笑顔で答えます。「おはよう、M君。ちょっとしたことだけど、細かいところまで気を配ることで、私たちの仕事への姿勢も変わるんじゃないかと思ってね」

M氏は少し考え込むような表情を見せました。その日の午後、M氏は自分のデスク周りを今まで以上に丁寧に整理している姿が見られました。

1週間が過ぎた頃、社員たちの掃除の仕方に少しずつ変化が現れ始めました。棚の奥まで手が伸びるようになり、床の隅々まで丁寧に拭く姿が見られるようになりました。

2週間後、品質管理部のK氏が、ある報告をしてきました。

「社長、最近の製造ラインの清掃で、今まで見過ごしていた細かな傷や汚れに気づくようになりました。それをきっかけに、製造プロセスの見直しを始めています」

N氏は静かに頷きました。その1ヶ月後、小さな変化が報告されました。

「社長、製品の微小な傷に関するクレームが、先月比で5%減少しました」

些細な数字かもしれません。しかし、N氏はこの変化の意味を理解していました。「細かな点に注意を払おう」と言葉で伝えるよりも、自ら行動で示すことの方が、はるかに強力なメッセージになるのだと。

2. 理念の体現:「なぜ」を示す重要性

N氏の行動には、単なる掃除以上の意味がありました。ある日の朝礼で、彼はこう語りかけたのです。

「皆さん、私たちが日々の業務に細心の注意を払うのは、単にミスを減らすためではありません。それは、私たちの仕事への誇りの表れなのです。お客様に最高の製品をお届けするために、私たちはまず自分たちの仕事に最高の注意を払う。それが、I社の理念なのです」

この「なぜ」の力が、社員をさらに変えていきました。

若手社員のS氏は、ある日N氏のもとを訪れました。「社長、お客様の声をもっと細かく分析したいと思うんです。クレーム対応だけでなく、些細な要望も含めた顧客満足度調査を始めてもいいでしょうか?」

N氏は喜んで承諾しました。S氏の行動が他の社員にも広がり、顧客の声を大切にする文化が根付いていきました。

製造部と開発部の間では、思わぬ連携が生まれました。週に一度、些細な製品改善アイデアを共有する会議を自主的に始めたのです。N氏は、この自発的な動きを温かく見守りました。

理念を行動で示すことで、社員たちの中に「自分たちで会社を良くしていこう」という気持ちが少しずつ芽生えていったのです。

ある日、N氏のもとに一通のメールが届きました。長年の取引先からです。

「最近、御社の製品の仕上がりが一段と丁寧になったように感じます。小さな改善かもしれませんが、私たちにとっては大きな価値があります」

N氏は、静かな喜びを感じました。社員たちの小さな努力が、確実に実を結び始めていたのです。

3. 見えない価値観の共有:組織文化の根幹

N氏の行動は、目に見えない「文化」をI社に少しずつ生み出していました。

ある朝、N氏が出社すると、普段はぶっきらぼうだった受付のA氏が、少し明るい声で挨拶をしてくれました。会議室では、以前は形式的だった朝のミーティングで、徐々に活発な意見交換が行われるようになっていました。

ある日、N氏は中規模の設備投資の判断を迫られました。コスト削減のため、品質にわずかな影響を与える可能性のある選択肢と、コストは高いが品質を維持できる選択肢があったのです。N氏は後者を選びました。

「なぜですか?」と役員たちが尋ねると、N氏はこう答えました。

「確かにコストは上がる。でも、私たちの強みは品質へのこだわりだ。それは、ここにいる社員たちが日々の小さな努力で築き上げてきた文化なんだ。この文化を守ることが、長期的には我々の競争力になると信じている」

この決断が、社員たちの仕事への姿勢をさらに前向きなものにしていきました。

価値観を「見える化」するために、N氏は次のような工夫を始めました:

  1. 朝礼での小さな成功事例の共有
    N氏自身が、日々の小さな改善事例を共有することから始めました。次第に社員たちも自然と自分の経験を話すようになりました。
  2. オフィスの壁に理念を掲示
    「細部への配慮が、大きな信頼を生む」「一人ひとりの小さな改善が、会社を変える」など、I社の理念を表す言葉を掲示しました。社員たちは日々これを目にすることで、会社の方向性を意識するようになりました。
  3. 価値観を反映した新しい評価制度の導入
    単なる数字だけでなく、日々の小さな改善努力や、顧客満足度向上のための取り組みも評価の対象としました。N氏自身も、この新しい基準で自己評価を行い、社員に共有しました。

これらの小さな変化が、組織全体に徐々に、しかし確実に影響を与えていったのです。

4. 継続的な自己改善:リーダー自身の成長が鍵

変化はN氏自身にも訪れました。

ある日の社員研修で、新入社員のH氏から予想外の質問を受けました。

「社長は、どうやって自分自身の仕事の質を高めているんですか?」

この質問に、N氏は答えに窮しました。そして気づいたのです。自分自身も常に学び、成長し続ける必要があると。

それからN氏は、異業種交流会に積極的に参加するようになりました。そこで学んだことを、必ず社内で共有するようにしました。

ある日、N氏は「社長の現場訪問デー」を始めました。月に一度、製造現場や顧客企業を訪問し、その経験から得た気づきを全社員と共有したのです。この取り組みは、製品開発に新しい視点をもたらしました。

また、360度フィードバックも導入しました。最初は批判的な意見を目にして戸惑いましたが、それを真摯に受け止め、改善していく姿勢を見せることで、かえって社員たちからの信頼が増していったのです。

失敗を恐れず、そこから学ぶ文化も少しずつ根付いていきました。ある会議で、N氏は自身の判断ミスを率直に共有しました。

「私のこの失敗から、私たちは何を学べるでしょうか?」

この一言をきっかけに、社員たちも少しずつ、自分たちのミスや失敗を隠さずに共有し、そこから学ぼうとする姿勢が見られるようになりました。

ある日、若手社員のチームが、斬新な製品アイデアを提案してきました。以前なら却下されていたかもしれないそのアイデアを、N氏は「面白い!一緒に考えてみよう」と前向きに受け止めました。

この製品が、後にI社の新たな主力商品となる日が来るとは、この時はまだ誰も想像していませんでした。

結論:見えない力が生み出す、目に見える変化

N氏が小さな行動を始めてから1年後、I社には目に見える変化が現れていました。

離職率は前年比で25%減。新規顧客は10%増加。社員満足度調査では、「この会社で働くことにやりがいを感じる」と答えた社員が、前年の65%から80%に上昇したのです。

そして、最も感動的な出来事が起こりました。ある日、若手社員のグループがN氏のもとを訪れ、こう言ったのです。

「社長、私たちから新しい業務改善案を提案させてください」

そこには、社員たち自らが考えた、顧客満足度をさらに高めるためのきめ細かなアイデアが詰まっていました。N氏は、静かな感動を覚えました。

中小企業だからこそ、経営者の小さな行動変化が直接的に組織に影響を与えられる。それが、N氏が発見した「見えない力」の正体だったのです。

さあ、皆さんも明日から新しい一歩を踏み出してみませんか?

  1. 自分の日々の行動を振り返る
  2. いつもと少し違う小さな行動を起こす
  3. 1ヶ月後、周りの小さな変化に気づくはずです

あなたの中にも、必ず「見えない力」が眠っています。それを目覚めさせるのは、あなたの小さな、でも勇気ある一歩なのです。きっと、あなたの会社は想像以上に素晴らしい場所に、少しずつですが、確実に生まれ変わっていくはずです。その過程を楽しみながら、一緒に歩んでいきましょう。

弊社では経営者が経営の原理原則を学べるコースを用意しております。

コメントを残す

経営者・ビジネスリーダーがオンラインで気軽に学べるMKlabビジネススクール
詳細はこちら
経営者・ビジネスリーダーがオンラインで気軽に学べるMKlabビジネススクール
詳細はこちら