コンテンツへスキップ

自己変革から始める組織の成長:経営者としてのあなたへの手紙

自己変革から始める組織の成長:経営者としてのあなたへの手紙

暑い日が続いていますが皆様お元気ですか。
今日は、組織を変えるための特別な秘訣についてお話ししたいと思います。
でも、その前に一つ質問させてください。

あなたは最近、自分自身のことをじっくり見つめ直したことはありますか?

そう、経営者であるあなた自身のことです。「組織を変えたい」「業績を上げたい」そんな思いで日々奮闘されているでしょう。でも、ちょっと立ち止まって考えてみてください。本当の変化は、実はあなた自身から始まるのです。

まずは、鏡を見てみましょう

毎朝、身支度をする時に鏡を見ますよね。でも、今日はちょっと違う目線で自分を見てみてください。そこに映っているのは、単なる「社長」や「後継者」ではありません。組織全体に影響を与える「変革の起点」なのです。

驚きましたか? そうなんです。あなたの一挙手一投足が、実は社員全員の行動指針になっているんですよ。

「礼節」って聞くとどう感じますか?

「礼節」というと、なんだか堅苦しく感じるかもしれません。でも、ちょっと違う角度から見てみましょう。

例えば、朝出社した時、警備員さんや清掃スタッフに笑顔で挨拶をする。社員の話に、スマホを見ずに真剣に耳を傾ける。約束した時間を必ず守る。こういった小さな行動の一つ一つが、実は大きな「礼節」なんです。

そして面白いことに、あなたがこんな風に振る舞い始めると、気づかないうちに周りの人たちも同じように行動し始めるんです。素敵じゃないですか?

「徳を積む」って、難しそう?

「徳を積む」なんて、なんだか大げさに聞こえるかもしれません。でも、実はこれ、日々の小さな選択の積み重ねなんです。

例えば、こんな場面を想像してみてください。大切な商談の日、朝から大渋滞で時間がピンチ。そんな時、あなたならどうしますか?

遅刻を恐れてスピード違反をする? それとも、遅刻を素直に謝罪し、誠実に対応する?

後者を選ぶ。そんな小さな決断の一つ一つが、実は「徳を積む」ことなんです。そして、こういった姿勢が、長い目で見れば必ず信頼につながっていくんですよ。

周りが変わらない? いえいえ、変わっていますよ

「私は変わったつもりだけど、周りが変わらない」そう感じることはありませんか? でも、実はそんなことはないんです。

水面下で、確実に変化は起きています。ただ、目に見える形で現れるまでに、少し時間がかかるだけなんです。

例えるなら、大きな船の舵取りのようなものです。舵を切っても、すぐには船の向きは変わりません。でも、確実に新しい方向に進み始めているんです。

だから、焦らずに、粘り強く自分の変化を続けていってください。気づいた時には、組織全体が大きく変わっているはずです。

さあ、明日からどうする?

今日お話ししたことを、明日からどう活かしていきますか?

例えば、こんなことから始めてみるのはどうでしょう。

  1. 朝一番に、今日の自分の目標を書き出してみる
  2. 社員との会話で、相手の目を見て、うなずきながら聞く練習をする
  3. 一日の終わりに、自分の言動を振り返る時間を5分だけ作る

小さな一歩でいいんです。その一歩が、やがて大きな変化につながっていくんです。

最後に、あなたへのエール

経営者であるあなたの仕事は、決して楽ではありませんよね。でも、だからこそやりがいがあるんです。

あなたの変化が、社員を、そして組織を、よりよい方向に導いていく。その過程は、きっと素晴らしい経験になるはずです。

さあ、明日からの新しいあなたに、今からワクワクしていませんか?

一緒に、素晴らしい変革の旅を始めましょう。あなたの組織の輝かしい未来が、今まさに始まろうとしているんです。

がんばってください。私は、あなたを応援しています!

自分自身を見つめる機会を持ちませんか?

MIP-DMP訓練経営者コースでは、自分自身を振り返り、これからの人生、経営の指針を見つけることができるでしょう。一緒に学びませんか?

コメントを残す

経営者・ビジネスリーダーがオンラインで気軽に学べるMKlabビジネススクール
詳細はこちら
経営者・ビジネスリーダーがオンラインで気軽に学べるMKlabビジネススクール
詳細はこちら