コンテンツへスキップ

人間の根底にある選択基準

ビジネスにおける意思決定の核心顧客の選択基準とは

はじめに

こんにちは、村上経営研究所の村上です。
今回は、毎月1回お届けしている「村上経営ラボ」の101回目の放送内容についてシェアしたいと思います。
テーマは「人の根底にある選択基準を考えよう」です。
新社会人をはじめ、経営者や管理者層、ビジネスリーダーの皆さんのお役に立てば幸いです。

以下話した内容の要約です。

詳しくは最後に張り付けてある動画をご覧下さい。

選択の基準は好き嫌い

まず、人が何かを選ぶときの基準って、実はすごくシンプルで「好き嫌い」なんですよね。
これ、直感的な反応なんです。

赤ちゃんが不快なときに泣くのと同じです。
大人になっても、この直感的な反応は根底に残っていて、日常の選択やビジネスの意思決定にも影響を与えています。

心地よさが選択を左右する

人は快適さを求めて選択をします。

例えば、同じ商品でもラベルの色やデザインが違えば、心地よいと感じる方を選びます。
ビジネスの場面でも、依頼の仕方や環境によって相手の受け入れ方が変わります。

部下への指示も、心地よく感じる形で伝えると、より効果的に動いてもらえます。

レビューと選択の基準

飲食店やサービスを選ぶときに、レビューを参考にしますよね。
レビューを見て選ぶこと自体が好き嫌いの選別です。

レビューを通じて、不快な経験を避けるためのリスク管理をしているわけです。
最終的に2つに絞った選択肢のどちらを選ぶかは、その日の気分や直感で決まることが多いんですよ。

成功体験と自己肯定感

選択と行動の積み重ねが成功体験を生み、自信をつけます。部下のモチベーションを上げるには、成功体験を積ませることが重要です。
脳の報酬系が関与していて、成功体験が増えるとドーパミンが分泌され、自己肯定感が高まります。
これを理解して、部下にどうやって成功体験を積ませるかがポイントです。

時間の有効活用

現代人はSNSやインターネット、テレビなどで快楽を得ることが多いですが、これが本来やるべきことを先延ばしにする原因になります。
隙間時間を有効に活用する工夫が大事です。
例えば、電子レンジでの温め時間にスクワットをするなど、ちょっとした工夫で生活の質を向上させることができます。

やる気スイッチの入れ方

6月に開催する「リードマイジャパン」のインストラクター養成講座についても紹介します。この講座では、部下や子供のやる気スイッチを入れる方法を学びます。やる気に頼らず、仕組みで動かすための具体的な方法を学べます。自分自身のスキルアップや部下の育成に役立ててください。

結論

人の選択基準が「好き嫌い」であることを再認識しました。
この直感的な反応を理解し、ビジネスの場でどのように活用するかが重要です。

成功体験を積み重ねることで自己肯定感を高め、部下のモチベーションを向上させることができます。

隙間時間の有効活用ややる気スイッチの入れ方など、実践的なアドバイスも数多く提供しました。

経営者や管理者層、ビジネスリーダーの皆さんは、今回の内容を参考にして、日々の意思決定や部下の指導に活かしてください。

選択基準の理解とその活用が、より良いビジネスの未来を切り開く鍵となるでしょう。

お陰様のリーダーシップ

お陰様のリーダーシップ

リーダーシップは、特別なスキルや努力だけでなく、他者の支えと協力が不可欠です。「お陰様の精神」を持ち、自分の成功が周囲のおかげであることを理解することが重要です。リーダーは謙虚になり、チーム全体の力を信じ、より良い成果を生むことができます。ポジションの特別さを認識し、権限と責任のバランスを取り、チームの成功を支えるべきです。

Read More »

コメントを残す

経営者・ビジネスリーダーがオンラインで気軽に学べるMKlabビジネススクール
詳細はこちら
経営者・ビジネスリーダーがオンラインで気軽に学べるMKlabビジネススクール
詳細はこちら