なぜ一歩踏み出せないのか?

機能のブログにメッセージを頂いたので、今日もブログに記載します。

昨日のブログは結果を出せる人は、学んだことを行動する人だと記載しました。

学んだことを行動に移せばいいのは解っています。でも…
という人が多いのではないでしょうか。

では、なぜ一歩が踏み出せないのでしょうか?
その理由を考えてみましょう

一歩踏み出せない理由その1

その理由は、「恐れ」だと思います。

例えばこんな風に感じているのではないでしょうか。

  • 失敗したらどうしよう
  • 周りの人に迷惑が掛かるかもしれない
  • 壊れたら、データが飛んでしまったら

などなど理由はほかにもあると思いますが。

そもそも、現状の何かを変えるには勇気がいります。
人は未知の事には不安を抱きます。

知らないところに行くとき、
初めてのことをする時ドキドキしますよね。

何かを変えるということは、自分が知らない未知の領域に足を踏み入れることです。

それは、命の危険に関わることかもしれない。

人間が生きていく以上、生命にかかわる危機回避をすることは当然です。

だから、人類がここまで生き残ってきているのだと言えます。

その反面、誰かが新しいことにチャレンジしたからこそ、
現代社会のように発展してきたのも事実です。

つまり、人間は新しいことにチャレンジし、失敗を重ねて成長しているということが言えますよね。

今までの方が安全、その方が命の危険はない、
変わらなくたって生きていける。確かにそうかもしれません。

しかし、時代は変わります。
自分が変わらなくたって周りが変わっていきます。

そうなれば、今までの方が危険になるかもしれません。

一歩踏み出せない人は、この恐怖心をどう克服するかです。

一歩踏み出せない理由その2

失敗は悪いことだという認識

失敗したらどうしよう、人に迷惑がかかるかもしれない
など自分を守るために、恐怖心と戦っています。

そしてその恐怖心はどこから来ているかを考えてみると、
それは過去に失敗して怒られた経験や、大変な思いをした経験からでしょうか。

失敗は悪い事、自分だけじゃなく周りに迷惑が掛かる。

そういう思い込みがあるのではありませんか。

私たちは生まれてきて、失敗の大小はあるものの、
数多くの失敗を重ねここまで生きています。

失敗のない人生なんてありません。

失敗するからそこ成長がそこにあります

一歩踏み出せない理由その3

一歩踏み出せない理由その3は、どうすればいいか分からない。

どこからどのように始めていいか見当がつかない。

気持ちはあるが、頭の中が整理で来ていない状態。

思考を整理するのが得意じゃない人が引っかかるポイントですね。

一歩踏み出すために

ではどうすれば一歩踏み出せるのか?

それは紙に書き出すことです。

  • 不安に思うところは何か?
  • 不安と思う理由は何か?
  • どうすれはその不安が取り除けるか?

など、一度紙に書き出してみませんか

今までとと違った視点で物事がみえてくるのではないでしょうか。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

経営者・ビジネスリーダーがオンラインで気軽に学べるMKlabビジネススクール
詳細はこちら
経営者・ビジネスリーダーがオンラインで気軽に学べるMKlabビジネススクール
詳細はこちら