新しく企業文化をつくる

時代が変わると、今までの考え方、やり方が通用しなくなる。
今までのやり方を変えるのは簡単には行かない。

企業文化とは、何かを改めて考えてみる。

  • 今までの慣習、前からこうやっている。
  • 通常のルーティンワーク
  • 過去の体験、経験に学んだこと。
  • 上司や先輩に教えられたこと

などなど

企業文化は、いいものもあれば変えたほうがいいこともある。

しかし、変えたほうがいいとはわかっていても、
変えたくない、変わりたくないのが人間である。

今まで通りにやる方が考えなくていいし楽である。
また、大きな失敗もない。

時代は常に変化している。
変わりたくないと言っても、変わらざるをえない時が来る。

変化に適応できないものは滅亡するのが法則。

だいたいそうなった時は、手遅れになっている場合が多い。

だから、常に新しく企業文化をつくっていかなければならない。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
経営者・ビジネスリーダーがオンラインで気軽に学べるMKlabビジネススクール
詳細はこちら
経営者・ビジネスリーダーがオンラインで気軽に学べるMKlabビジネススクール
詳細はこちら