人生は長いようだけど短い

昨日は天気もかったので、思いついきで山口県の萩市までドライブしてきました。

明倫館、松陰神社、松下村塾など実際に行ってみると、
感じ取るものが沢山あります。

松下村塾自体は、2年も満たない短い時間てあっこと。
みんなが同じものを学のでなく、一人一人が学びたい事を学んでいたことなど
行ってみて改めて学びになることが多くあります。

人生は長いようだけど本当は短いよね。

こんな小さな場所から、日本を動かす人材を多く輩出するなんて
ここにいた若者は、みんな大きな夢があったんだろうね。

この場所で仲間と議論して、自分自身を成長させて行ったんだな。

今を生きることが大事ですね。
吉田松陰をはじめみんな若くして人生が終わっている。

やりたいと思ったらやってみることが大事。
後でやろうとか、そのうち機会があったらなんて
考えていると、人生は終わってしまう。

「人生は長いようだけど短い」への2件のフィードバック

  1. 吉田美千代

    当時の皆さんは、私事ではなく、大きな大きな夢があったのでしょうね。皆さんスケールが違いますものね。
    何度も何度も繰り返し読ませて頂きました。ありがとうございました。

    1. Takaaki Murakami

      吉田さん
      コメントありがとうございます。
      仰る通り、私事もあったでしょうが、もっと大きく志事だったんでしょうね。
      今の我々のスケールと大きく違うと感じました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

経営者・ビジネスリーダーがオンラインで気軽に学べるMKlabビジネススクール
詳細はこちら
経営者・ビジネスリーダーがオンラインで気軽に学べるMKlabビジネススクール
詳細はこちら