○○する側と○○される側

お昼ご飯を食べながら、ワイドショーを見ていました。
吉本興業の岡本社長の恫喝、パワハラ発言がどうのこうのと騒いでいます。

パワハラをした側とされた側では、大きくとらえ方が違います。

もちろんパワハラする側の人はそんなつもりもなく、自分の正義感のもとに「相手のことを思って」とか「よかれと思って」いっている場合が多いです。

でも言われた方はそんなことは関係ありません。

自分より立場が上だったり、権限を持っている人から言われれば委縮してしまいますよね。
ここでポイントになるのが、本人に悪気がないということ。

上司になったらここを意識しないといけません。

言葉は本当に気を付けてください。

 

それともうひつつ。

 

日ごろからコミュニケーションをとって人間関係、信頼関係を築いておくことです。
これをやらずに強く怒ったり、叱ったりすれば「パワハラ」と言われかねkません。

 

特に経営者は意識せず、また人間関係、信頼関係を作らずに強い口で怒ったり、叱ったりしている人も多くいます。

 

こんな時、アンガーマネジメントを知っていればこんなことにはならなかったのにと思います。

是非、社内の人間関係を構築する、上手に叱れるようになるアンガーマネジメントを企業に導入することをお勧めします。

 

 

Follow me!

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定
 アンガーマネジメントトレーニングプロフェッショナル™️
 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
 アンガーマネジメントコンサルタント™
 アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントアドバイザー™
 アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
 アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
 アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントトレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定
 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定
 ジュニアコンサルタント

ライフロジック・パートナー™

MIP-DMP訓練を受講する

1975年の創業以来、MIP-DMP訓練は多くの企業様の人材育成のサポートをしてましりました。
「いい会社」をづくりには、いい人材を育てなければなりません。
一番は経営者自らが学び、変革していくことが重要なポイントです。
企業を革新するには、人の意識革新が必要です。
意識革新、イノベーションを起こすポイントは非日常を体験することです
また知的な刺激、心に衝撃が走るほどの体験がイノベーションを加速します。

企業革新、人材育成に、経営の原理・原則、法則が学べるMIP-DMP訓練をご活用下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください