コミュニケーション力をアップする3つのポイント

3月も終盤にはいりましたね。
これから、人事異動や新入社員など新しい人との出会いも多くなってきますね。

そこで重要になるのがコミュニケーション力ですよね。
皆さんはコミュニケーション力に自信はありますか?

コミュニケーション力をアップしようとすると、本を読んだり、セミナーなどを受講して
「話し方」や「聴き方」などのテクニックを学ぶことが多くなります。

では、本やセミナーでコミュニケーションのテクニックを学んでもなぜ効果が出ないのでしょうか?

 

今日はコミュニケーション力をアップする3つのポイントをお伝えします。

  1. 話し方、聞き方などのテクニックを学ぶ本質を理解する
  2. 我流をやめて専門家に学ぶ
  3. テクニックを使い倒す

この3つのポイントを押さえるといいと思います。

 

1.テクニックを学ぶ本質を理解する

まず、学んでも効果が出ないのは、
「何のためのテクニック」かという
本質を身落ちしているからです。

テクニックを学ぶ本質は、
相手との関係を築きやすい体質に変化するためです。

テクニックは体質改善のためにある本質を理解することです。

例えば、なぜダイエット本があります毎年毎年、色々なものが出てすぐベストセラーになっています。
なぜでしょうか?

それは、本を読んでテクニックを学んでも実践しないからです。
もっと言えば、できるまで、やせるまでやり続けないからです。

つまり、痩せやすい体質に変化するまでやらなければ効果がないことを知っておく必要があります。

 

2.我流をやめて専門家に学ぶ

テクニックを学んで使ってはみるものの上手くいかないことってありますよね。
ですから、どうすれば上達するかといえば、専門家、プロに学ぶのが一番です。

人はついつい学んでも我流になってしまいます。

だからいつまでたってもうまくいかないし、それ以上にはなりません。

なぜかといえば、
プロは基本ができています。素人は基本ができていません。

プロの我流と素人の我流はレベルが違います。

なので、本当にうまくなりたい、早く上手になりたいと思うのであれば
専門家、プロに学ぶことです。
お金はかかりますが、最短で効果がある方法です。

上手になるポイントも教えてもらえますし、フィードバックをもらえます。

この、フィードバックがものすごく効果的です。
結果的に見れば、専門家、プロに学んだ方が
時間も早く、コストダウンになることの方が多いです

3.テクニックを使い倒す

学んだら即実践!

テクニックは使ってなんぼです。

使えば使うほど上手になります。

そして、上手くいっていないなと思えば、
専門家に見てもらってフィードバックもらう。

この繰り返しです。

 

いかかでしょうか?

 

もし、コミュニケーション力をアップしたいけど誰に学んだらいいかとお思いでしたら
4月の特別講座をご案あにいたします。

NLPを活用したNLPコーチング実践講座です。

 

 

 

 

 

 

 

1日目は雑談力アップ講座、2日目がNLPコーチング講座となっています。

実際にテクニックを教えてもらい、ロープレを行いフィードバックがもらえるので

かなりの効果が期待できます。

コミュニケーション力に自信のある方も、さらに深い学びになること間違いないと思います。

北九州ではなかなk受講できない講座です。

ぜひ一度自分のコミュニケーション力を見直してみませんか?

詳細はこちら

NLPコーチング2Days

コミュニケーション力をアップしてより良い人生を楽しみませんか?

 

Follow me!

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定
 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
 アンガーマネジメントコンサルタント™
 アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントアドバイザー™
 アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
 アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
 アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントトレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定
 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定
 ジュニアコンサルタント

ライフロジック・パートナー™

MIP-DMP訓練を受講する

1975年の創業以来、MIP-DMP訓練は多くの企業様の人材育成のサポートをしてましりました。
「いい会社」をづくりには、いい人材を育てなければなりません。
一番は経営者自らが学び、変革していくことが重要なポイントです。
企業を革新するには、人の意識革新が必要です。
意識革新、イノベーションを起こすポイントは非日常を体験することです
また知的な刺激、心に衝撃が走るほどの体験がイノベーションを加速します。

企業革新、人材育成に、経営の原理・原則、法則が学べるMIP-DMP訓練をご活用下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください