平成の終わりとともに変わっていく

昨日まで高野山でクライアント企業様のMIP-DMP訓練でした。
平成という冠がつくのは今回が最後でが、新元号のもと引き続き訓練は続いていきます。

私はが高野山に行くようになったのは、この仕事をはじめた平成12年、もう約20年通っています。


ここでおこなうMIP-DMP訓練の名物行事?といえばトイレ掃除です。
特に2月のトイレ掃除を体験した人は、一生忘れられない経験となっているのではないでしょうか(笑)

2月のトイレ掃除は本当にしびれます。
はじめの頃はお湯はでないなか水掃除、しかも素手、裸足でおこなっていました。
終わったあときれいに拭き上げていかないと凍って滑る状態でした

そこから時が経ち、ここ数年はお湯が出るようになり、今まで受講してきた人にはうらやましがられました。

今回行ってみるとこんな状態でした。

そうです、とうとう和式ではなく、洋式トイレになります。

平成が終わるとともに、名物行事も終了です。
次回からきれいな環境でMIP-DMP訓練が開催できます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

経営者・ビジネスリーダーがオンラインで気軽に学べるMKlabビジネススクール
詳細はこちら
経営者・ビジネスリーダーがオンラインで気軽に学べるMKlabビジネススクール
詳細はこちら