成長する企業には、成長するリーダーがいる

2000年から経営コンサルタントとして仕事を始めて20年が経過しました。

振り返ればあっという間だし、この20年で色々なことが変わりました。

そんな中で、成長していく企業とそうでない企業の違いは何かを考えてみると、
様々な要因がありますが、その中でも成長するリーダーの存在は欠かせません。

成長するリーダにはある特徴があります。

その特徴とは

問題が起きたときに、「自分」が原因サイドにいます。

どういうことかと言えば、

何か問題が起きたときは、自分以外の誰かの責任にするのではなく
原因は自分側にあるという考え方でいるということです。

よくある事例として、上司が部下に指示をしたあと、自分が思っていた結果と違う結果が出たとします。

その時にできなかった部下を攻めるのではなく、
自分の伝え方、指示の仕方に問題があったと思えるかどうかです。

なんで言ったとおりにしないのか?
どうしてこんなことをしたのか?

など、他人を責めてしまったことありませんか?

少なからずあると思います。

成長するリーダーは、自分が原因サイドにいるので、次に同じ失敗をしないように勉強します。
成長しないリーダーは、自分が原因ではなく相手が原因と考えるので、学ぼうとしません。

もし、自分が部下の立場ならどう感じるでしょうか?
どちらのリーダーのもとで仕事をしたいでしょうか。

今まで見てきた成長するリーダのもとでは、不思議と人も成長します。
そうでないリーダのもとでは有能な人からやめていきます。

もし、部下が成長しないと感じたなら、原因は自分側にあると考えてみてはいかがでしょう。

視点が変わると、思考も変わります。

自分に原因があると考えることは、ある意味辛いことです。

だから、その辛さに目を向けるか、背けるかで大きく転換します。

その辛さを克服するために学びがあるのです。

学んで失敗してまた学ぶ

学ぶところに成長があります。

貴方はどちらのリーダーになりますか?

Follow me!

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定
 アンガーマネジメントトレーニングプロフェッショナル™️
 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
 アンガーマネジメントコンサルタント™
 アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントアドバイザー™
 アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
 アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
 アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントトレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定
 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定
 ジュニアコンサルタント

ライフロジック・パートナー™

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください