【時間軸で物事を考える習慣を身につける】

今日は、物事が上手くいく人、行かない人、結果を出す人、出ない人の違いは何か?
について考えてみようと思います。
 
 
それは、ズバリ!
「時間軸で物事を考え行動できる」ことが習慣になっているかということです。
 
 
結果を出している人の多くは、この時間軸で物事を考え行動しています。
これを習慣にしているかどうかはものすごく大きな違いを生みます。
 
何故なら、人間に与えられた時間は1日24時間。
誰でも平等に与えられています。
この時間を有効に使うかどうかの違いです。
 
 
皆さんはこの習慣を身につけたいと思いませんか?
 
実は、あるものを使えばだれでも簡単に身につけることができます。
 
それは「PDCAノート」です。
 
 
えーノート?と思うかもしれません。
 
 
結果を出している人の共通点には、手書きのノート、または手帳を活用しています。
 
 
「手書きのノートや、手帳が大事なことはわかっているが習慣にするのが簡単にはいかないんだよね」
というのが本音だと思います。
 
 
しかし、安心してください。
誰でも簡単に出来るようになっているかっらこそ、多くの方が結果を出されています。
 
 
その秘密を一つお伝えしますがよろしいですか?
 
昨日私は、片づけ、整理収納についての講演を聞く機会がありました。
その中でいいヒントを頂いたのでご紹介します。
 
 
整理、整頓は実は簡単なことなんだけれも、上手くいっていない人の方が多いですよね。
 

なぜが?
 
 
それは、簡単に出来る仕組みを作っていないからです。
 
 
そう、習慣にするためには、「簡単に取り組める」というのがポイントです。
もっと言えば、小学生でも簡単に出来る仕組みにしてしまえば、だれでも出来る内容です。
 
 
そして「支持が具体的である」のもポイントです。
誰が、いつまでに、何を、どのようにする(どの状態にする)かを明確にしておくこと。
 
 
この2つがあれば、誰でも簡単に取り組め習慣化し、自動化できるということでした。
 
 
実はこのPDCAノートには、この仕組みが組み込まれているので
誰でも簡単に習慣化できるようにできています。
 
 
そしてこのPDCAは、時間軸を基準に回していくので、仕事の生産性向上はもちろん、働き方改革に大きく貢献します。
 
 
もし、社員一人一人が時間軸で物事を考え行動でき、結果が出たらいいと思いませんか?
 
 
今月末、福岡で自分を劇的に成長させるPDCAノートの著者、岡村拓朗さんが
働き方改革セミナーを開催されます。
 
 
実際に成果を出されているご本人からのお話を聞くチャンスです。
是非ご参加下さい。
 
 

Follow me!

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定
 アンガーマネジメントトレーニングプロフェッショナル™️
 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
 アンガーマネジメントコンサルタント™
 アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントアドバイザー™
 アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
 アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
 アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントトレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定
 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定
 ジュニアコンサルタント

ライフロジック・パートナー™

村上経営塾(経営の真善美)

企業は人なりです。経営者で会社は変わります。
企業を存続、発展させるかどうかは経営者にかかっています。
未来の日本をささえる、小さくても、地域で一目置かれる企業、キラリと輝く企業を目指しませんか?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください