書くから変わる

こんにちは、九州北部もやっと梅雨入りです。ダムの貯水率が低く恵みの雨になることを期待します。
さて、昨日は「ノートを変えると結果が変わる」というテーマでブログを書きました。

今日はその続きです。ノート勉強でも仕事で結果につながる大切な道具です。
この道具を「どう生かすか」が結果をだすポイントだと思います。

あるセミナーや研修を受けて、「価値観が変わった」「考え方が変わった」「新しいOSをインストールした」などと表現することがありますよね。

これってどういうことかと考えてみると、
今まで自分が大切にしていた価値観や、大事だと思っていた考え方を
セミナーや研修という体験を通して「書き換える」という作業を行ったと思います。

古いプログラムを書き換えるということもよく使いますよね。

何が言いたいかというと、「書くという作業をすると変われる」ということです。

私が日々やっていることの中に「アンガーマネジメント」と「方眼ノート」があります。

アンガーマネジメントの基本は「アンガーログ」をつけるということをやります。
アンガーログとは、自分が、いつ、どこで、どんな出来事に怒りを感じたかを記録していくものです。

記録をしていくことで、自分の怒りの傾向だったり、大切にしている価値観に気づくことができます。
紙に書き出すことで、客観的に自分自身を見つめなおし、自己認識することから始めていきます。

また、方眼ノートは問題解決時において、問題がおこった出来事から原因を探り、
どう解決していくかをノートに書くことで客観的に物事を見極めることができるようになります。

アンガーマネジメントも方眼ノートも書くという作業において共通しています。
書き出すという作業を通して思考や感情を整理していきます。

何か頭の中がごちゃごちゃだなと感じたり、心がモヤモヤすると感じたら、
自分の頭に浮かんだことを一度書き出してみるといいと思います。

結構ごちゃごちゃで整理できていないことがわかります。

いったん紙の上に全部出して、いらないものを捨てていくと結構いい変化を起こします。

もし、書き出し方や整理の仕方がお知りになりたいと感じたらご連絡下さい。

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定
 アンガーマネジメントトレーニングプロフェッショナル™️
 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
 アンガーマネジメントコンサルタント™
 アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントアドバイザー™
 アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
 アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
 アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントトレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定
 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定
 ジュニアコンサルタント

ライフロジック・パートナー™

MIP-DMP訓練を受講する

1975年の創業以来、MIP-DMP訓練は多くの企業様の人材育成のサポートをしてましりました。
「いい会社」をづくりには、いい人材を育てなければなりません。
一番は経営者自らが学び、変革していくことが重要なポイントです。
企業を革新するには、人の意識革新が必要です。
意識革新、イノベーションを起こすポイントは非日常を体験することです
また知的な刺激、心に衝撃が走るほどの体験がイノベーションを加速します。

企業革新、人材育成に、経営の原理・原則、法則が学べるMIP-DMP訓練をご活用下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください