マネするなら徹底的に真似をする

「人の振り見て我が振り直せ」とはよく言いますよね。
この言葉をよく使う場合、どちらかと言えば反面教師的に
良くない振る舞いをみて、「こんな振る舞いはしてはいけない」
という自分に対する戒めてきな意味でとらえることが多いと思います。

自分を成長させようと思ったら、これをよい方向に意識を向けるだけで違う結果にます。

何故かといえば、
良くない振る舞いに意識が向くと、
その振る舞いが脳に刷り込まれてしまうからです。

つまり、自分が欲しい振る舞いではないものがインプットされてしまいます。

そこで、自分を成長させるならば、

自分がなりたい人、目標にしてい人の「マネをする」に意識を向けることです。

そしてマネをするなら「徹底的にマネをする!」という意識でやってみましょう。

これは、モデリングという手法です。

言葉、服装、立ち振る舞いなどを真似して自分の中に取り入れる。

そうすることで、表面的にマネをして言うようですが、ないっ面的に気づくことがたくさんあります。

また、「学ぶ」の語源は「真似ぶ」とも言われたりします。
人のマネをすることは、自分を成長させてくれる手法です。

そこで大事なポイントは、

マネをするなら徹底的にマネる!

を意識すると学びが加速します。

ぜひ、モデルとなる人を探してやってみると面白いですよ。

一度お試しあれ

Follow me!

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定
 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
 アンガーマネジメントコンサルタント™
 アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントアドバイザー™
 アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
 アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
 アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントトレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定
 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定
 ジュニアコンサルタント

ライフロジック・パートナー™

MIP-DMP訓練を受講する

1975年の創業以来、MIP-DMP訓練は多くの企業様の人材育成のサポートをしてましりました。
「いい会社」をづくりには、いい人材を育てなければなりません。
一番は経営者自らが学び、変革していくことが重要なポイントです。
企業を革新するには、人の意識革新が必要です。
意識革新、イノベーションを起こすポイントは非日常を体験することです
また知的な刺激、心に衝撃が走るほどの体験がイノベーションを加速します。

企業革新、人材育成に、経営の原理・原則、法則が学べるMIP-DMP訓練をご活用下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください