アイディアを忘れない方法

以前もブログに書いたことがあるのですが、皆さんアイディアはどんな時に湧いてきますか?
私は、移動中にアイディアが湧いてきます。

アイディアが生まれる場所には

  • お風呂
  • トイレ
  • 運転中
  • 寝ている時(ウトウトしている時)

がよく言われます。

昔からアイディアは、三上( 馬上、枕上、厠上 )乗りものの上、寝ている時、トイレなど
リラックスした時にでるといわれています。

つまり、アイディアは会社の会議室や机の上で生まれることは少ないということです。

私の場合、車の運転中や飛行機、新幹線の中など移動中によくアイディアは湧いてくる事がおおいですね。

昨日のことです。

車を運転している時にアイディアがふと頭の中に浮かんできました。
いつもは、飛行機や電車の中なのでメモ帳に書くことができますが、今回はメモ帳がありません。

どうしようかと思った時にスマホには便利な機能があることを思い出しました。

「ヘイSiri!メモして」と声をかけるとスマホが反応してくれます。

メモの内容を聞かれるので、思いつくまま喋ります。

この音声入力はすごくて、多少の変換ミスはでることもありますが、95%ぐらいは認識してくれます。

認識が悪い時は、滑舌が良くないか、一般的な言葉でない場合(専門用語や方言)などの時は変換がおかしくなります。

これを何回か繰り返して、車を止めてメモの内容を確認して修正。

これだと、運転中に携帯を触らなくてすむので、運転中のメモは便利です。

もし、運転中に何か思いついたらスマホにメモを残しましょう

Follow me!

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定
 アンガーマネジメントトレーニングプロフェッショナル™️
 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
 アンガーマネジメントコンサルタント™
 アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントアドバイザー™
 アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
 アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
 アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントトレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定
 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定
 ジュニアコンサルタント

ライフロジック・パートナー™

MIP-DMP訓練を受講する

1975年の創業以来、MIP-DMP訓練は多くの企業様の人材育成のサポートをしてましりました。
「いい会社」をづくりには、いい人材を育てなければなりません。
一番は経営者自らが学び、変革していくことが重要なポイントです。
企業を革新するには、人の意識革新が必要です。
意識革新、イノベーションを起こすポイントは非日常を体験することです
また知的な刺激、心に衝撃が走るほどの体験がイノベーションを加速します。

企業革新、人材育成に、経営の原理・原則、法則が学べるMIP-DMP訓練をご活用下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください