言葉は力をとりもどす

先日ある講座受講してこの3日間、言葉を意識しています。
それは何かというと、自分が無意識にポジティブではない表現の言葉を使っていることに気づいたからです。

MIP-DMP訓練では言力(言葉の力)ついて学びますが、そこまで深く学びとして理解できていなかった自分に反省です。ある意味わかっているつもりになっていました。

言葉は他者に影響するとともに、自分にも大きく影響します。注意して自分がどんな言葉を使っているかに気をつけないとついポジティブ表現ではなくなっています。

というか、そのことに気づいていない場合がほとんどです。

ちなみに、今日もある言葉を別の言葉に言い換えて研修をしてみましたが、無意識的にでしょうけど受講生の皆さんの表情が違いました。

聖書に「初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。」とあったと思います。

つまり古の時代から言葉はとても重要な位置づけだったわけです。

私達は最近言葉を軽く使いすぎているように感じます。もう少し意味をかみしめながら言葉を使うと何か変化が起こり始めると思います。

もっと言葉を大切にしていきましょう!

Follow me!

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定
 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
 アンガーマネジメントコンサルタント™
 アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントアドバイザー™
 アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
 アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
 アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントトレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定
 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定
 ジュニアコンサルタント

MIP-DMP訓練を受講する

1975年の創業以来、MIP-DMP訓練は多くの企業様の人材育成のサポートをしてましりました。
「いい会社」をづくりには、いい人材を育てなければなりません。
一番は経営者自らが学び、変革していくことが重要なポイントです。
企業を革新するには、人の意識革新が必要です。
意識革新、イノベーションを起こすポイントは非日常を体験することです
また知的な刺激、心に衝撃が走るほどの体験がイノベーションを加速します。

企業革新、人材育成に、経営の原理・原則、法則が学べるMIP-DMP訓練をご活用下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください