なぜコミュニケーション力が求められるのか?

昨日はコミュニケーションのミスマッチについて書きましたが、今日も引き続きコミュニケーションがテーマです。

価値観が多様化しているということは、それぞれのバックボーンが違うということです。つまり、体験が違うし、使う言語も違うということです。組織としてはその中で仕事のしていかなければなりませんから、必然的に高いコミュニケーション力が求められます。

いままでの時代のように、解るだろう、察しては通用しないということです。完全に意識を変えなければなりません。

そこでコミュニケーション力の中で求められるスキルとして

  • 物事を深く考える力
  • 言語化する力
  • ロジカルに組み立てる力

この3つが求められると思います。ただ言いたいことを伝えるのではなく、自分の考えを相手に伝わるように言語化し、論理的に組み立てて伝える力です。

このスキルを身につける誰でも簡単にできる方法があります。

それが方眼ノートメソッドです。

このメソッドは、フレームに沿って書いていくだけで、自然とそのスキルが身についていきます。年齢、性別、職業に関係なく誰でも出来るものです。

方眼ノート1Dayベーシック講座開催いたしています。

Follow me!

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定
 アンガーマネジメントトレーニングプロフェッショナル™️
 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
 アンガーマネジメントコンサルタント™
 アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントアドバイザー™
 アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
 アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
 アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントトレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定
 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定
 ジュニアコンサルタント

ライフロジック・パートナー™

村上経営塾(経営の真善美)

企業は人なりです。経営者で会社は変わります。
企業を存続、発展させるかどうかは経営者にかかっています。
未来の日本をささえる、小さくても、地域で一目置かれる企業、キラリと輝く企業を目指しませんか?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください