人づくりは土づくり

企業を成長発展させるための原動力は、なんと言っても人材です。

よく人材を人財と書いたりしますが、私はあまり好きではありません。

確かに企業の財産という意味ではありだとは思います。

 

材=木の持っている才能を引き出すという意味があります。

木にも個性があり、その個性を最大限に引き出して活用することが

木を活かすことに繋がります。

 

人材もそういう意味では、その人の持っている才能を引き出して

企業の発展に貢献してももらことがその人を活かすことになります。

 

そこで今日は少し深掘りして考えてみましょう。

人材が育つためには、やはり育つ環境が必要です。

例えば種や苗植える前には畑を耕します。

 

ここがポイントだと思います。

ガチガチの土で、栄養も無いところに種を巻いたところで、その種は死んでしまいます。

種が目を出し、成長していくには、根が張りやすい硬さと、適度な栄養が必要です。

 

企業も同じで、人が育つためには、

硬直した考え方や人間関係では

育つ人も育たなくなります。

 

人が育ちやすい環境、土づくりが必要となります。

まずは環境整備、土壌づくりから始めてい聞きましょう!

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定
 アンガーマネジメントトレーニングプロフェッショナル™️
 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
 アンガーマネジメントコンサルタント™
 アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントアドバイザー™
 アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
 アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
 アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントトレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定
 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定
 ジュニアコンサルタント

ライフロジック・パートナー™

村上経営塾(経営の真善美)

企業は人なりです。経営者で会社は変わります。
企業を存続、発展させるかどうかは経営者にかかっています。
未来の日本をささえる、小さくても、地域で一目置かれる企業、キラリと輝く企業を目指しませんか?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください