読書感想文は料理と同じ

私が担当する「3時間でかける すごい!読書感想文教室」がいよいよ来週となってきました。

その準備を兼ねてある本を読んでいたら、

こんなふうに思ったわけです。

 

「作文って料理と同じなんだ!」

 

言葉と言う素材を集め、それを加工して仕上げていく。

そのやり方が分かれば、誰でも簡単に出来ることなんだと。

 

お母さんが子供やご主人に美味しいものを食べさせてあげたいと思ったとき、

料理本を買ったり、雑誌をみたりしますよね。

 

レシピ通りに素材を集め、手順に従って作っていけば

それなりのものが出来上がります。

もっと美味しく好みのものに仕上げるには、

何度か作って、味加減を自分好みにあせていきます。

 

読書感想文も同じだと思ったわけです。

本を読んでその中から、素材を選び出し

あとは、広げたり、深掘りしたりして言葉をつなぎ合わせていく作業をします。

そうすると文章が出来てくるわけです。

 

そういったやり方を学んでいれば、次は色々なバリエーションが出来てくるわけです。

すごい読書感想文教室はこちら

 

 

 

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定
 アンガーマネジメントトレーニングプロフェッショナル™️
 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
 アンガーマネジメントコンサルタント™
 アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントアドバイザー™
 アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
 アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
 アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントトレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定
 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定
 ジュニアコンサルタント

ライフロジック・パートナー™

MIP-DMP訓練を受講する

1975年の創業以来、MIP-DMP訓練は多くの企業様の人材育成のサポートをしてましりました。
「いい会社」をづくりには、いい人材を育てなければなりません。
一番は経営者自らが学び、変革していくことが重要なポイントです。
企業を革新するには、人の意識革新が必要です。
意識革新、イノベーションを起こすポイントは非日常を体験することです
また知的な刺激、心に衝撃が走るほどの体験がイノベーションを加速します。

企業革新、人材育成に、経営の原理・原則、法則が学べるMIP-DMP訓練をご活用下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください