どうすればロジカルシンキングができるようになるか?その2

今日は昨日に引き続きロジカルシンキングについてお伝えをします。

どうすればロジカルシンキングができるようになるか?その2

 

昨日ロジカルシンキングで1番に来たポイントは何だったでしょうか?

 

それは型を学ぶと言うことでした。

 

ロジカルシンキングの型で大事なポイントは

空・雨・傘の3つです。

 

空・雨・傘とは

  • 空=(事実)
  • 雨=(解釈)
  • 傘=(行動)

 

例で考えてみると

天気予報を見て、午後からの降水確率が60%だったので傘を持って家を出た。

これは、日常的に行っている皆さんの行動です。

 

ロジカルシンキングを身につけるには、

常に、空、雨、傘を意識して考えてみるです。

こうすると思考が整理できます。

今日一日、空・雨・傘を意識して考えてみましょう。

 

 

 

 

ロジカルシンキングが簡単に身につく

方眼ノートの講座を開催しています。

ご興味があればご連絡ください。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

経営者・ビジネスリーダーがオンラインで気軽に学べるMKlabビジネススクール
詳細はこちら
経営者・ビジネスリーダーがオンラインで気軽に学べるMKlabビジネススクール
詳細はこちら