「ノートをたった3つに分ける」ただそれだけ

MIP−DMP訓練では方眼ノートを採用しています。
その理由は
・思考が整理できる(いる知識、いらない知識の区別ができる)
・要約力をつける(要は何が言いたいのかを伝える)
・事実を掴む(経営者は事実ベースで判断する)

こういったことを4泊5日の訓練を通じで体験しながら学んでい生きます。

実は事実と思い込みを分けることが大事で多くの場合、事実(出来事)に対して感情や思い込みが絡み合っているので問題がややこしくながちです。

ノーベル生理学・医学賞受賞者のジェームス・ワトソンは
「教育の基本は『事実に基づいて考える』こと」といっています。

MIP−DMP訓練でも「答えは現地にあり」で常に事実を把握することを意識づけさせます。

とにかく事実をみて、原因、解決策を考えてどう行動するか。ここに尽きると思います。

やり方はとてもシンプルでノートを空(事実)・雨(解釈)・傘(行動)3つに分けるだけ。

このやり方さえわかれば、あとは実践あるのみです。

もし、このノートのやり方に興味がれば、サイトページのプログラムよりご確認ください。

ノートを変えるだけで考える社員、問題解決ができる社員、営業ができる社員に変身していきます。


未来はノートで変えられる!

10月も方眼ノートの講座を開催しています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

経営者・ビジネスリーダーがオンラインで気軽に学べるMKlabビジネススクール
詳細はこちら
経営者・ビジネスリーダーがオンラインで気軽に学べるMKlabビジネススクール
詳細はこちら