餅は餅屋へ

私は仕事柄、色々な業種の人とお会いさせていただきます。
だからと言って何でも知っているわけでもなく、逆に知らないことのほうが多く、お話をさせていただいたり、会社訪問をしたり、またはMIP訓練中に教えていただくことも多々あります。

そこでいつも感じることは、「餅は餅屋」ということばです。
困った時は専門家に聞いてみるのが一番だし、専門家に任せたほうが、早くてクオリティーも高いです。

その分費用などはかかりますが、それはその方々が日々努力して、研鑽してきた技術であり、ノウハウであるから、それ相応の価値だと私は思います。

昨今インターネットでいろいろな情報もてにはいりますし、YouTubeなどで動画で見ることもできます。また、知識も最近では動画で得ることができるので、知識に対する価値はどんどん下がっているのが現実です。

とりあえず間に合わせで行うにはそれでもいいかもしれませんが、私は本物の価値を知ることも大切だと思います。

本物を知らなければ、いい悪いの基準ができません。できるだけ本物や、いいといわれるものやことに触れることが、本物を見る目が養われますし、感性も磨かれると思います。

私も求められる本物として日々精進してまります。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください