学ぶとは真似ること

学ぶの語源は真似ぶと言われれいます。

学びのスタートは誰かを真似るところから始まります。

子供は無意識のうちに親の真似をし

成長するにつれ、学校の先輩や憧れのスターだったり、

会社に入れば上司だったり

常に人部分の近くのの人をモデリングして学んで生きます。

さらに自分を成長させようと思ったら

学びは常にしていかなければなりません。

そこで大事になるのが、

まずは自分がどうなりたいか?どうありたいか?

という目的であり目標です。

そしてその目的や目標に近づくために

・誰から学ぶか

・何を学ぶか

になります。

まず自分は

・どうありたいか?

・どうなりたいか?

まずは自分に質問をしてみましょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください