秋の日に徒然に思うこと

このところ、なんとなく気分が乗らずに更新しませんでした。
自分の中で、何を伝えたいのか、なんとなく整理ができなくて少し悶々としていました。

ちょっと悲しい出来事があって、ネガティブな内容は書きたくないのもありましたが、すこし気持ちも落ち着いたので、思うがままにまた書いていこうと思います。

11月13日に我が家の愛犬、こまちが天国に旅立って一週間がたちました。
私は出張中でいなかったこともあり、土曜日に家に帰ったときは、ゲージの中に祭壇を組んで遺骨が置いてありました。

いつもと違う日常を体験するとなんとなくリズムが狂います。

夜ゴソゴソ動く音がしない、いびきが聞こえない、水を飲む音が聞こえない、餌をくれとアピールしない、など今まで当たり前だったことが、当たり前でなくなると寂しいものですね。

また、何気なく何度もこまちのほうを見る癖がついていることに気づきました。

10年一緒に暮らしていると、そんな音や行動が当たり前だったんですね。
いなくなるととても静かなもんです。

今回、私が驚いたことは、ペットの葬儀をしてくれたところが、丁寧に初七日や四十九日など13回忌までスケジュールくれたことです。

動物も人間同様にするんですね。ここは少し驚きです。

まあ、あまり悲しんでも成仏できないだろうから、家族みんな気持ちを切り替えて前に進もうとしています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

経営者・ビジネスリーダーがオンラインで気軽に学べるMKlabビジネススクール
詳細はこちら
経営者・ビジネスリーダーがオンラインで気軽に学べるMKlabビジネススクール
詳細はこちら