イレギュラーに強くなる秘密

物事を計画的で効率よく進めるには、PDCAを回すことがポイントです。
しかし、いつもPDCAが上手に回せるとは限りません。
上手くいかないことももちろんあります。想定外や計画していないことなどが起こることも多々あります。

そのイレギュラが起こることに慣れていれば、ある程度バッファー(余裕)をもって計画をするのですが、慣れていあいと計画をカチカチに決めてしまいます。

そするとイレギュラーが起こった時にパニックなり、パフォーマンスが下がってしまいます。

では、そのイレギュラーに強くなるためにはどうすればいいか?

それは、日頃からイレギュラーを自ら起こすことです。
言い換えると、いつもと違うことをすることです。

なぜかと言えば、私たちの行動はパターン化されています。
例えば、通勤や通学経路だったり、いつも同じ電車だったり、車両だったり、何かを買うお店だったり、食べるものだったり、ある程度決まったことをしていませんか?

パターン化することで楽に行動できます。

こういう経験はありませんか?

まだ場だ行ったことない場所だったり、お店に入るときはドキドキしますよね。つまりりいつもと違うこと、イレギュラーに慣れていないと、人間は不安になります。
不安という感情は人間のパフォーマンスを下げ、また、怒りやすくなります。

アンガーマネジメントのテクニックでブレイクパターンというのがあります。それは、いつもと違うことをする。変化に強くなるテクニックです。
簡単なものでいうと、歯磨きの時に右手でする人は左手で、靴を右足からの人は左足、橋をいつもと違う手でもつなど簡単なことはいくらでもあります。

私も最近このブレイクパターンをやってみています。いつもと違う道を通ったり、泊まるホテルを変えてみたり、服装を変えてみたりなど、いつもと違うことをすると、ワクワク感と同時に、いろいろな発見があります。

人間、一度体験していれば、ある程度の不安は解消されます。いろいろな経験をすることで変化に強くなります。

さて、あなたも変化に強い人間になりませんか?

今週末はアンガーマネジメントの入門講座、叱り方入門講座、キッズインストラクター養成講座を開催します。

9月1日(土)
13:00~14:30 アンガーマネジメント入門講座
15:00~16:30 アンガーマネジメント叱り方入門講座
9月2日(日)
11:00~15:30 キッズインストラクター養成講座

変化を起こすビジネスリーダーになるには、MIP-DMP訓練がお勧めです。

Follow me!

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定
 アンガーマネジメントトレーニングプロフェッショナル™️
 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
 アンガーマネジメントコンサルタント™
 アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントアドバイザー™
 アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
 アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
 アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントトレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定
 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定
 ジュニアコンサルタント

ライフロジック・パートナー™

MIP-DMP訓練を受講する

1975年の創業以来、MIP-DMP訓練は多くの企業様の人材育成のサポートをしてましりました。
「いい会社」をづくりには、いい人材を育てなければなりません。
一番は経営者自らが学び、変革していくことが重要なポイントです。
企業を革新するには、人の意識革新が必要です。
意識革新、イノベーションを起こすポイントは非日常を体験することです
また知的な刺激、心に衝撃が走るほどの体験がイノベーションを加速します。

企業革新、人材育成に、経営の原理・原則、法則が学べるMIP-DMP訓練をご活用下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください