「できる」と言われる人の特徴

脳の機能にワーキングメモリーというのがあるそうです。
一般的に「できる」と言われる人はこのワーキングメモリーを十分に活用できているらしい。なぜらしいかというのは私がその専門家ではなくいま本を読んで学んでる知識レベルだからです。

どうも、このワーキングメモリーを上手く活用するためには、思考の整理と感情のコントロールがポイントになりそうです。

思考を整理をするには、頭の中にあることを書き出すことが効果的です。
思考を整理するとは、目的に向かって、いつまでに何をどのように進めるかを、具体的に意思決定が出来るようにすることです。

頭の中で考えるよりは、紙やノートに書き出して、いる・いらないの整理をするほうが早く解決します。

そして「できる」と言われる人、結果を出す人は、思考が整理できているので、書き出した後に優先順位をつけ、順番に片づけていくことができます。

一般的に時間に追われている人はこれが苦手だということ。

そして「できる」人はマルチタスクをしないそうです。
つまり、マルチタスクだとしても、優先順位をつけ、やることが決まっているのでそれに集中をすることができるそうです。

そして思考が整理できることは、感情の整理をすることに繋がります。思考が整理出来ている人は、物事を事実と意味づけを分けて考えることが簡単に出来ます。つまり、無駄なことにイライラする必要がなく、感情に振り回されにくくなります。

思考の整理ができない人はワーキングメモリーがオーバーヒートして感情的になり、冷静に判断ができなくなる傾向にあるそうです。

ということは、アンガーマネジメントで衝動的になるところを抑え、思考を整理することで物事を冷静に判断できるわけです。

仕事が出来ると言われる人は学ばなくてもアンガーマネジメントをしていることになります。

ワーキングメモリー勉強するとなかなかおもしろいです。

Follow me!

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定
 アンガーマネジメントトレーニングプロフェッショナル™️
 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
 アンガーマネジメントコンサルタント™
 アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントアドバイザー™
 アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
 アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
 アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントトレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定
 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定
 ジュニアコンサルタント

ライフロジック・パートナー™

MIP-DMP訓練を受講する

1975年の創業以来、MIP-DMP訓練は多くの企業様の人材育成のサポートをしてましりました。
「いい会社」をづくりには、いい人材を育てなければなりません。
一番は経営者自らが学び、変革していくことが重要なポイントです。
企業を革新するには、人の意識革新が必要です。
意識革新、イノベーションを起こすポイントは非日常を体験することです
また知的な刺激、心に衝撃が走るほどの体験がイノベーションを加速します。

企業革新、人材育成に、経営の原理・原則、法則が学べるMIP-DMP訓練をご活用下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください