覚悟の話

企業を経営していくうえで大事なことは、経営者の覚悟です。
なぜでしょうか?
それは、覚悟がないと前に進めないからです。

では覚悟とは何か?改めて考えたことはありますか?
まずは覚悟の意味から再確認してみましょう。

【覚悟】

事に臨んで、どんなに危険や困難(不利な立場にたたされるようなこと)があったとしても、見苦しいこうどうはするまいと心に決めること。

また、そのゆるぎない心

新明解 国語辞典

そのほかにも、こんな意味があります

  • 悪い事態(に多大の努力がいるの)を予測して心の準備をすること。
  • 迷いをさり、道理をしること
  • 心がまえ

つまり、どんなことが起きても、自分の事業はやり抜く、会社を守るという心構えがいるということです。

もう一つは、道理をしること。そして不測の事態に備えておくことが求められます。

経営において道理をしるとはどういうことか?

それは、「企業は滅亡する」という前提に立つことです。

生者必滅、会者定離は世の常です。として世の中は常に変化している。
良い悪いではなく。これは道理です。

経営者はこの前提に立って、企業を倒産させないために日々改善、改革、イノベーションを起こしていかなければならないのです。

経営にイノベーションを起こすには、人材です。
イノベーションを起こす人材をそだて、イノベーションが起こる組織風土を創ることをお勧めします。

タグ:

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください