心の虫眼鏡で見る

先日、世界一受けたい授業という番組で

落合博満さんが先生となって授業を行っていました。

その中で印象に残った言葉が

「才能を持っていない人はいない。才能を見つけられるかどうかで人生が変わる」

という言葉がありました。

 

上司の役割としては部下育成が求められます。

部下育成には、やはりほめると叱るはポイントになります。

 

しかし実際のところ、人の失敗や欠点が目につくものです。

いいところをほめるのは以外に難しいものです。

 

日頃からこころの虫メガネでいい所を探すトレーニングが必要です。

気をつけて見てみると、人のいい所はたくさん見つかります。

 

意識していい所を見つけようと思って見なければ、見ていても意外と見えていないのが現状です。

人のいい所見つけるのは、その人の才能を見つけて上げることに繋がります。

 

人のいいところを発見するように心がけてみましょう。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください