出来る自分になる方法2

前回の投稿「出来る自分になる方法」が意外に反応があったので、今回はそのつづきです。自分にOKを出すことでスタートが切れる話を書きました。

まずは、「やってもいいよ!」と自分にOKを出す。そこから始めてみましょうというところでした。

でも「そうはいってもね・・・・」と思う人もいるでしょう。

なぜでしょうか?

そこにあるのが「自分をよく見せたい」というメンタルブロックです。

大人になると、いつの間にか失敗することが恥ずかしくなってきます。
もの心つく前の子供のころは、危険を顧みず興味のある事には何でチャレンジしてきたのに。
いつしか子供のころに心がなくなり、失敗することを恐れるようになりました。

一つの要因は「怒られてきた」というのがあります。それは言い換えると、子供のころは自分を守ってくれる存在がいたということです。

大人になると守ってくれる存在がいなくなり、自分で自分を守らなければなりません。

そうすると、新しいことをして、痛みが伴うこと(心身にたいして)をするよりは、無難な方法をそってしまいます。

「こんなこと言われるのではないか?」「失敗すると怒られる」嫌な思いをする面いなら今のままがいいのが人間です。

もし、今の自分を何とかしたいのなら、人が何を言うかを気にしないでやってることです。

新しいことをやってみると、以外に誰も何も言わなかったり、逆に「いいね」とか、「すごい」なんて言われたりします。

もし、やってみて失敗したならそれは単にやり方がまずかっただけです。新しいやり方を探せば済む話です。

自分にOKを出したら、とりあえず一歩踏み出す!やってみる!

そこから次の行動を考えてみるのも楽しいですよ。

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定
 アンガーマネジメントトレーニングプロフェッショナル™️
 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
 アンガーマネジメントコンサルタント™
 アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントアドバイザー™
 アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
 アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
 アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントトレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定
 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定
 ジュニアコンサルタント

ライフロジック・パートナー™

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

覚悟の話

次の記事

覚悟の話2