なぜ、あなたの言葉は相手に届かないのか?

今日のテーマはコミュニケションについて考えてみます。

毎日のように顔を合わせ、毎回のように同じことを伝えているのに
相手に伝わっていないと感じることってありませんか?

なぜ、相手に自分の意図するところがつたわらないのでしょうか。

それは

  • 自分の話し方の問題でしょか?
  • 相手の理解力の問題でしょうか?

じつはその両方でもありません。

 

では、なぜ相手に自分の言いたいことが伝わらないか?

 

それは、相手との関係性です。

NLPではラポール(信頼関係)ともいいます。

 

自分の意図することが相手に伝わるには、
相手と深い意味でコミュニケーションが取れていることがポイントです。

コミュニケーションが良いとか悪いとかは
この信頼関係の構築が鍵を握ります。

 

この信頼関係を築くテクニックもありますが、いちばん大事なことは

 

あなたの心がオープンであるかどうか

 

にかかってきます。

 

なぜかと言えば、人間は安全・安心を求める生き物です。
これは意識的よりは無意識的に感じています。

まずは、あなたの心がオープンであり、相手に安心感を感じてもらうことです。

だから、いくら聞き方、話し方のテクニックを学んでも、コミュニケーション力はアップしません。

 

ではどうすればコミュニケーション力がアップていくか?

それは

  1. 自分自身の心がオープンであること
  2. 相手に寄り添い、安全であるかを無意識レベルで感じさせること
  3. 何気ない会話をしながら心を通わせていくこと(雑談)

こういうことを繰り返していきながら、大丈夫だ(信頼できる)と思ってもらったとき、
初めて良いコミュニケーションができていると感じられると思います。

4月にNLPを活用した実践コーチング講座を開催します。

一度本当のコミュニケーションを体感してみませんか?

MK.Lab特別企画講座

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください