上手な叱り方って知っていますか?

部下育成や後輩をもったときにに求められるスキルとして

「叱る」ことが求められます。

 

皆さん方叱り方って学んだことありますか?

 

実は叱り方について学ぶことってあまりないですよね。

 

私たちの叱り方の先生と言うのは、私たちの親であったり先生であることが多いです。

その叱り方って正しかったのか?と疑問を持ちませんか?

 

今日は叱り方についてのポイントをお伝えします。

 

叱り方で大事なポイントは、感情的にならずに自分のリクエストを相手に伝えるです。

 

多くの人は、叱るときに感情的になってしまい、感情を先に行ってしまうので、

相手に自分がこうしてほしいというリクエストが伝わらなくなります。

 

私たちが叱る時の目的はそもそも何かを考えてみましょう。

相手に同じ失敗をしないようにとか、次はこうしてほしいというリクエスト、行動の変化が目的です。

 

ですが、実際はうまく行動の変化を起こそうと言う叱り方になっていませんよね。

ですから、叱るときのポイントは、

次にどうすればいいか気づくような叱り方をしてみて下さい。

 

決して大声で怒鳴ったりしては効果がありませんので気をつけてください。

 

もし叱り方にご興味がありましたら

 

こちらもご参考に

アンガーマネジメント叱り方入門講座

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください