【ビジネスにイノベーションを起こす!ビジネスモデルキャンバス実践講座】

ビジネスモデルキャンバス

この講座は、ビジネスモデルキャンバスを記入しながら、ビジネスにイノベーションを起こすことを目的にしています。

ビジネスにイノベーションを起こす思考のツールを手に入れませんか?

経営者であるあなたは、自社のビジネスをはじめて聞く人が分かるように簡単に説明できますか?

今回お伝えするビジネスモデルキャンバスは、9つのフレームを埋めていくことでビジネスを視覚化し
分かりやすく簡単に説明出来るようにするツールです。


なぜ、ビジネスを視覚化する必要があるのでしょうか?

それは

  • 経営者と社員側の共通言語ができ
  • ビジネスの一連の流れを俯瞰できる
  • 問題点や改善点が目で見て分かる

ようになるからです。

【共通の言語ができる】

あなたや社員のかたは、自社のビジネスモデル(収益構造)を理解していますか?

実は私自身もこのキャンバスを描くまでは、自社のビジネスモデル上の問題点を理解していませんでした。

 

これは実は大きな問題です。

いくら問題を発見し改善しても、構造的に問題があれば収益は改善されません。

 

また、社員と問題の改善点を出し合っても、違ポイントで話をしてるので意思疎通ができていないことが多々あります。

それはお互いに見ているビジネスモデルが違う可能性があるからです。

 

ビジネスモデルの話しているのに、共通の言語がなければ何を話しているか理解できません。

 

ビジネスモデルキャンバスを書くことで、ビジネスを構造的に理解し見える化できるで
お互いが共通言語で話ができるようになります。

 

【ビジネスの一連の流れが俯瞰できる】

ビジネスモデルキャンバスは、顧客価値が中心にあります。

いくら素晴らしい商品やサービスを持っていても、顧客から評価されなければ収入になりません。

 

ビジネスモデルキャンバスは、顧客価値を中心に9つのフレームを埋めていく作業をするだけで
ビジネスモデル全体が俯瞰できるようになります。

 

つまり

  • 顧客は誰か?
  • 我社の提供している価値は何か?
  • 我社の提供している価値は適切に届いているか?
  • 我社の収益は何?
  • 我社と顧客の関係は?
  • 我社の重要な資源はなにか?
  • 利益を上げるためにの活動は適切か
  • 我社のを支えてくれているパートナは?
  • かかるコストは?

 

この9つの質問に答え、キャンバスを埋めていくことでビジネスの一連の流れが把握でき、
ビジネスモデル全体が俯瞰できるようになります。

 

さらに、自社のビジネスモデルを把握出来たら、
同じように競合企業のビジネスモデルを描くことで
自社の本当の価値が見えてきます。

【問題点や改善点が一目でわかる】

ビジネスモデルが俯瞰できることで、どこに問題点があるのか、改善点があるのかが一目でわかるようになります。


問題点や改善点が視覚的にとらえることが大きなポイントになります。

例えば、問題点があったとしても、このキャンバスが共通の言語になるので、
社員やクライアントと同じポイントで話ができるのでお互いに共通の理解できます。

 

また新サービスや商品を顧客に提供するためにビジネスモデルキャンバスを書けば、
問題点やリスクが浮き彫りになります。

 

キャンバスは何度も書き換えることができるので、
色々な視点から問題を発見しやすく、実際にビジネスを始めるまでにいろいろなシュミレーションができます。

 

ビジネスを始めるまでに、失敗のリスクが軽減されます。

 

ビジネスモデルキャンバスは自社の現状の理解することはもちろん、
ポートフォリを作成したり、将来のビジネスモデルを描くことで
今何をする必要があるかの経営戦略を作成する助けになります。

受講対象者

この講座は、

  • 新規事業を企画している
  • 新サービスを考えている
  • ビジネスモデルを理解し収益構造を変えたい
  • ビジネスにイノベーションを起こしたい
  • 企業を考えている

経営者、ビジネスパーソンにお勧めです。

講座概要

と き:2019年5月14日 18:00~21:00

ところ:MK.Lab

    北九州市小倉北区浅野1-2-39
    クルーズ浅野ビル401

JR小倉駅 新幹線口 徒歩約3分
近隣にコインパーキングがあります

持ってくるもの

筆記用具

受講料:10,800円

定 員:12名

MIP-DMP訓練を受講する

1975年の創業以来、MIP-DMP訓練は多くの企業様の人材育成のサポートをしてましりました。
「いい会社」をづくりには、いい人材を育てなければなりません。
一番は経営者自らが学び、変革していくことが重要なポイントです。
企業を革新するには、人の意識革新が必要です。
意識革新、イノベーションを起こすポイントは非日常を体験することです
また知的な刺激、心に衝撃が走るほどの体験がイノベーションを加速します。

企業革新、人材育成に、経営の原理・原則、法則が学べるMIP-DMP訓練をご活用下さい。