御飯と研修の関係

先日の出来事です。

MIP-DMP訓練も最終日皆で懇親会をしている時です。

研修担当者が参加者にこう言われました。

「研修ってさ、3日前の晩御飯なんだよ」

私の頭の中は「?」

もちろんほか方も。

ですよね。

 

つまりどういうことかと言えば、

3日前の晩御飯なんて何を食べたか忘れるけれど、

必ず体の栄養となり、血となり肉となる。

 

研修も同じで、

今わからなくてもいい。だけど今やっていることが必ず将来役に立つ

と信じているのだそうです。

 

なるほど!と思いました。

まあ担当している講師としては、全部吸収してほしいけどね。笑

 

研修を主宰する側にとってみれば、参加する社員の皆さんに少しでも身になってほしい。

そして実践に活かしてほしいですものね。

 

きっと役に立つ!

そう信じて長い目で見て研修を企画担当されている人事担当者に感謝です。

 

もちろん私もきっと役に立つと信じてやっています。

 

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定
 アンガーマネジメントトレーニングプロフェッショナル™️
 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
 アンガーマネジメントコンサルタント™
 アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントアドバイザー™
 アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
 アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
 アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントトレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定
 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定
 ジュニアコンサルタント

ライフロジック・パートナー™

MIP-DMP訓練を受講する

1975年の創業以来、MIP-DMP訓練は多くの企業様の人材育成のサポートをしてましりました。
「いい会社」をづくりには、いい人材を育てなければなりません。
一番は経営者自らが学び、変革していくことが重要なポイントです。
企業を革新するには、人の意識革新が必要です。
意識革新、イノベーションを起こすポイントは非日常を体験することです
また知的な刺激、心に衝撃が走るほどの体験がイノベーションを加速します。

企業革新、人材育成に、経営の原理・原則、法則が学べるMIP-DMP訓練をご活用下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください