自分を成長させてきたもの

今年は高校の同窓会幹事などをすることがあって、ふと思うところがありました。

「自分を成長させてきたものって何かな?」と。

高校生の頃を考えると3つあって

1.理不尽さ
2.反骨心
3.忍耐力

なのかなと思います。

 

一つ目の「理不尽さ」、特に、親や学校の先生のまた先輩などの
価値観を押し付けられたことや、理由とか根拠とか教えてもらえず

「とにかくやれ!」

やらなければ、体罰当たり前の時代でした。

 

そういうのが2つ目の「反骨心」になったのかな?

いつか、見返してやろう、早く大人になりたいという気持ちがありましたね。

 

そして3つめの「忍耐力」。

ここを乗り切れば、自由になれる!と思って頑張れたと思います。

ある意味あきらめだったかもしれません。

反抗して向かっていく勇気がなかっただだともいえるかも(笑)

 

まあ、なんだかんだ言いながら、大人になってからの方が色々大変なんだけど。

 

時代が変わったので、それがいいとは言いませんが、
こういうことも成長していくのに大事な要素なのかな?

と思う今日この頃です。

Follow me!

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定
 アンガーマネジメントトレーニングプロフェッショナル™️
 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
 アンガーマネジメントコンサルタント™
 アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントアドバイザー™
 アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
 アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
 アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントトレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定
 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定
 ジュニアコンサルタント

ライフロジック・パートナー™

村上経営塾(経営の真善美)

企業は人なりです。経営者で会社は変わります。
企業を存続、発展させるかどうかは経営者にかかっています。
未来の日本をささえる、小さくても、地域で一目置かれる企業、キラリと輝く企業を目指しませんか?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください