怒ること≠悪である

今日のブログは、アンガーマネジメントについてです。
先月に実施したある団体のアンガーマネジメント研修ごの感想をいただきました。

今日はその感想の抜粋からです。

  • 怒ることは悪だと思っていた
  • 怒り方(叱り方)には技術が必要だと分かった
  • 6秒ゆっくり考えれな、私の怒りは大したことがないこともよく分かった

アンガーマネジメントを受講する前と受講した後で多くある感想の一つですが、
「怒ること=悪いこと」だと思い込んでいる人が多いようです。

そういう私もその一人でした。アンガーマネジメントを学ぶまでは、「怒り=悪」そう思っていました。

アンガーマネジメントは怒ってはいけない、怒りを我慢するものではないとお伝えししています。

何故なら怒りの感情は、人間にとって大切な感情であるからです。
ですから、講座の中で「怒ってもいいですよ」の言葉で気持ちが楽になった方は多くいます。

ただし、「怒ってもいいですが・・・」と付け加えます。
なぜなら怒り方を間違えると大変なことになるからです。

それは、パワハラや虐待につながるからです。

怒りの感情はあってもその取扱い方法を間違えると上記のような事態になっています。

ですから、怒り方には技術が必要なんです。この技術を知っているか知らないかではとても大きな違いになります。

そしてその技術の中で一番目に来るのが、衝動的行動をコンロトールすることです。

皆さんもイラっとしたら「6秒」は聞いたことがあるのではないでしょうか?

たかが6秒、されど6秒です。きっちりと6秒というものではないですが、
目安として6秒を意識するだけでも衝動的な言動はコントロールできるようになります。

怒り=悪だという認識でいると、怒ったに罪悪感を感じます。そしてそれがまた怒りの原因へと繋がっていきます。

怒りの感情は人間にとって大切なもの、だからこそ、取り扱いかた、向き合い方を学んでおく方が人生が楽になります。

日本全国で私のようなアンガーマネジメントファシリテータ―がいます。もし、ピンと感じるものがあれば一度受講されることをお勧めします。

詳しくは 一般社団法人 日本アンガーマネジメント協会のwebページをご参照ください。

私も北九州で一般向けの公開講座を開催しています。MK.Labの講座情報をご参照下さい。

Follow me!

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定
 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
 アンガーマネジメントコンサルタント™
 アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントアドバイザー™
 アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
 アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
 アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントトレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定
 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定
 ジュニアコンサルタント

MIP-DMP訓練を受講する

1975年の創業以来、MIP-DMP訓練は多くの企業様の人材育成のサポートをしてましりました。
「いい会社」をづくりには、いい人材を育てなければなりません。
一番は経営者自らが学び、変革していくことが重要なポイントです。
企業を革新するには、人の意識革新が必要です。
意識革新、イノベーションを起こすポイントは非日常を体験することです
また知的な刺激、心に衝撃が走るほどの体験がイノベーションを加速します。

企業革新、人材育成に、経営の原理・原則、法則が学べるMIP-DMP訓練をご活用下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください