どうすればロジカルシンキングができるようになるか?その2

今日は昨日に引き続きロジカルシンキングについてお伝えをします。

どうすればロジカルシンキングができるようになるか?その2

 

昨日ロジカルシンキングで1番に来たポイントは何だったでしょうか?

 

それは型を学ぶと言うことでした。

 

ロジカルシンキングの型で大事なポイントは

空・雨・傘の3つです。

 

空・雨・傘とは

  • 空=(事実)
  • 雨=(解釈)
  • 傘=(行動)

 

例で考えてみると

天気予報を見て、午後からの降水確率が60%だったので傘を持って家を出た。

これは、日常的に行っている皆さんの行動です。

 

ロジカルシンキングを身につけるには、

常に、空、雨、傘を意識して考えてみるです。

こうすると思考が整理できます。

今日一日、空・雨・傘を意識して考えてみましょう。

 

 

 

 

ロジカルシンキングが簡単に身につく

方眼ノートの講座を開催しています。

ご興味があればご連絡ください。

 

 

Follow me!

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定
 アンガーマネジメントトレーニングプロフェッショナル™️
 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
 アンガーマネジメントコンサルタント™
 アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントアドバイザー™
 アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
 アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
 アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントトレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定
 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定
 ジュニアコンサルタント

ライフロジック・パートナー™

MIP-DMP訓練を受講する

1975年の創業以来、MIP-DMP訓練は多くの企業様の人材育成のサポートをしてましりました。
「いい会社」をづくりには、いい人材を育てなければなりません。
一番は経営者自らが学び、変革していくことが重要なポイントです。
企業を革新するには、人の意識革新が必要です。
意識革新、イノベーションを起こすポイントは非日常を体験することです
また知的な刺激、心に衝撃が走るほどの体験がイノベーションを加速します。

企業革新、人材育成に、経営の原理・原則、法則が学べるMIP-DMP訓練をご活用下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください